中2理科「組織液とリンパ」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「組織液とリンパ」についてまとめています。ヒトでは組織液・リンパ・血液などが体内で物質を選んでいます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中2理科「組織液とリンパ」となります。

組織液

血液は血管の中を通って全身をめぐり、からだを 構成する細胞と外界との物質のやりとりに、重要な役割を果たしている。 からだの組織をつくっている細胞のすき間を満たしている液を組織液という。

スポンサーリンク

セキツイ動物

ヒトなどのセキツイ動物では、血管の末端は同じているので、血液は組織の細胞と直接ふれることがなく、血液と細胞との間には、毛細血管のうすい壁がある。それで、細胞と血液との間での物質のやりとりは、組織液をなかだちとして行われる。なお、組織液は血しょうが毛細血管のすき間からしみ出したものである。

  • 血しょう…養分、ニ酸化炭素、不要な物質を運びます。

リンパ

組織液で満たされている組織の細胞のすき間は 組織の中でしだいに集まってリンパ管という管となって、その組織から出ていく。このリンパ管の中を流れる液をリンパと呼ぶ。すなわち、組織液が集ま ってリンパ管の中を流れるようになったものがリンパである。

リンパ管

組織のすき間がしだいに集まって管になったものをいう。多数のリンパ管が集まって、最後には首のあたりで静脈に合流している。下半身に 左上半身のリンパ管が集まって太くなったものを、特に胸管という。小腸の柔毛でリンパ管の中にとり入れられた脂肪は胸管を通って血液にまじる。

リンパせん

腕やあしのつけねの部分、首の部分などのリンパ管にはリンパせんというかたまりがある。リンパせんでは、白血球の一種であるリンパ球がつくられる。したがって、リンバは、リンパまで球をふくんでいる点で組織液とちがっている。リンハ球は、侵入してきた病原体をとりこんで捕食するはたらきをする。

まとめ

  • 組織液…血管の中の液体(血しょう)の一部がうすい毛細血管の壁からしみ出て細胞をひたしている液。血液と細胞の間の物質にやりとりの仲立ちをしています。
  • リンパ管…組織部の一部が入る管で、体中にはりめぐらされています。リンパ管に入った組織液をリンパ液といいます。

あわせて確認

以上が、中2理科の「組織液のリンパ」となります。

スポンサーリンク

シェアする