【中学理科】堆積岩の観察

【中学理科】堆積岩の観察です。

スポンサーリンク

堆積岩(地層をつくる岩石)

堆積岩は、れき・砂・泥などの堆積物が固まってできたかたい岩石です。粒の大きさによって、れき岩、砂岩、泥岩、成分によって、石灰岩、チャートなどに分けられます。れき岩、砂岩、泥岩は、土砂が流水で運ばれて堆積したものなので、角がとれて丸みをおびた粒が集まっています。

堆積岩の分類

何が堆積し固まってできたかによって分類する。

  • 砕せつ岩…れき・砂・泥が海底に堆積。れき岩、砂岩、泥岩
  • 火山砕せつ岩…火山噴出物が海底に堆積。凝灰岩・集塊岩。
  • 生物岩…生物の死骸や殻などが海底に堆積。
  • 化石岩…水に溶けていた化学物質が海底に堆積。石灰岩・チャート。
名称れき岩砂岩泥岩凝灰岩石灰岩チャート
堆積物岩石などのかけら火山灰、軽石など生物の死がいなど
特徴粒の直径が2mm以上粒の直径が2~0.05mm以上粒の直径が0.05mm以下軽石などの火山岩のかけらを多く含む炭酸カルシウムを多く含む二酸化軽素を多く含む

石灰岩は、うすい塩酸をかけると泡(二酸化炭素)が出るが、チャートは、うすい塩酸をかけても泡はでません。

堆積岩からわかること

堆積岩からわかることは、れき岩は流れの急な川底や河原で、砂岩は海岸近くの浅い海底で、泥岩は深い海底や静かな海の中で堆積した場合が多いです。凝灰岩は、冬至火山の噴火があったことを示します。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました