中学歴史「大正時代の社会運動」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「大正時代の社会運動」をまとめています。 労働争議や小作争議が各地で活発になります。また、平塚雷鳥らは、女性解放運動を進めます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「大正時代の社会運動」まとめです。

労働運動・農民運動

第一次世界大戦が終わると、輸出や国内の需要が減少して不景気になり、企業の倒産や失業者が増加した。こうした社会状況のなかで、大正デモクラシーの風潮が広まり、ロシア革命の影響もあって、労働運動や農民運動が活発になっていった。

スポンサーリンク

大正デモクラシー

大正時代に自由主義の風潮が高まります。

  • 民本主義…吉野作造が、普通選挙によって国民の意向を政治に反映させることを主張。
  • 天皇機関説…美濃部達吉が主張した、主権は国家にあり、天皇は国家の最高機関として憲法に従って統治するという憲法学説。

友愛会

1912年に労働者の地位向上をめざして設立された友愛会は、1921年には日本労働総同盟へと発展し、その後の労働運動を指導するようになった。やがて、各地で労働争議が続発していった。この間、1920年5月2日には、上野公園 (東京都台東区)で約1万人を集めて日本初のメーデーが開催され、労働者の団結による地位の向上を訴えた。深刻な不景気は農村にも大打撃をあたえ,各地で小作料の引き下げなどを求めて,小作争議が続発するようになった。1922年には、農民の地位向上をめざして、全国組織の日本 農組合が結成され,農民運動に指導的な役割をはたした。

女性運動・解放運動

1911年 平塚らいてう(雷鳥)らは青踏社を結成し、女性 だけの雑誌『青靴』を発行して、「新しい女」を主張した。1920年には、平塚雷鳥・市川房枝らが新婦人協会を設立 して、女性が政党に加入したり、演説会に参加したりする自由を求め、婦人参政権獲得のための運動も進めた。

全国水平社

社会的・経済的に差別を受けてきた被差別部落の人々も、社会運動の高まりのなかで、自らの手で人間としての平等を勝ちとり。差別を自主的に撤廃しようとする部落解放運動を本格的に展開するようになった。1922年、全国水平社を結成し、解放運動をねばり強く進めていった。 さらに、社会主義運動も政府の弾圧のなかでも進められ、1922年には日本共産党がひそかに結成された。

まとめ

社会運動が、全国に広まる。女性や労働者、差別を受けた人々が解放を求めて立ち上がった。

  • 労働争議…労働者が雇い主に労働者の意見を認めさせるためにストライキなどを行う。
  • 小作争議…小作人が地主に小作料の引き下げを求める。
  • 女性運動…1920年平塚雷鳥が新婦人協会を結成。女性の政治活動の自由、高等教育の拡充などを求める。
  • 部落解放運動…1922年部落差別からの解放を目指して、全国水平社が形成される。
  • 普通選挙法…1925年に制定された25歳以上の男子に選挙権を与える法律。
  • 治安維持法…共産主義の活動などを取り締まる法律。

あわせて確認