【中3理科】太陽系と銀河系の一問一答問題

スポンサーリンク

太陽系と銀河系の一問一答問題

次の問いに答えなさい。

(1) 自ら熱や光を出す天体を何というか。
(2) 太陽は、固体・液体・気体のうち、どの状態になっているか。
(3) 太陽の表面にある黒い斑点を何というか。
(4) 黒点は、周囲よりも温度が高いか、低いか。
(5) 太陽をとり巻く高温のガスの層を何というか。
(6) 太陽の表面から噴き上がる,炎のような濃いガスの動きを何というか。
(7) 太陽と、太陽を中心にそのまわりを公転している天体のまとまりを何というか。
(8) 太陽系にある8つの地球のなかまの天体を何というか。
(9) 太陽系の惑星のうち、公転周期がもっとも短いものは何か。
(10) 太陽系の惑星のうち、公転周期がもっとも長いものは何か。
(11)太陽系の惑星のうち、水星・金星・地球・火星を何型惑星というか。
(12) 太陽系の惑星のうち、木星・土星・天王星・海王星を何型惑星というか。
(13) おもに岩石と金属からなり、小型で密度が大きいのは、地球型惑星・木星型惑星のどちらか。
(14) 月のように、惑星のまわりを公転している天体を何というか。
(15) おもに火星と木星の間にある小天体を何というか。
(16) 太陽系が属する恒星の集団を何というか。
(17) 無数に存在する、銀河系と同様な恒星の集団を何というか。

太陽系と銀河系の一問一答問題解答

(1) 恒星

恒星は、自ら熱や光を出す天体。

(2) 気体

太陽は、高温のガスできた球形の恒星。自転している。

(3) 黒点

(4) 低い

黒点は、太陽の表面にある黒い斑点。周囲よりも温度が低いため、黒く見える。

(5) コロナ

(6) プロミネンス(紅炎)

(7) 太陽系

太陽系は、太陽と太陽を中心にそのまわりを公転してい金る天体のまとまり。

(8) 惑星

惑星は、太陽系にある8つの地球のなかまの天体。

(9)水星

(10) 海王星

(11) 地球型惑星

地球型惑星は、水星・金星・地球・火星の4つの惑星。おもに岩石と金属からなり、小型で密度が大きい。

(12) 木星型惑星

木星型惑星は、木星・土星・天王星・海王星の4つの惑星。厚いガスからできていて、大型で密度が小さい。

(13) 地球型惑星

(14) 衛星

衛星は、月のように惑星のまわりを公転する天体。

(15) 小惑星
小惑星は、おもに火星と木星の間にある小天体。

(16) 銀河系

銀河系は、太陽系が属する恒星の集団。

(17) 銀河

銀河は、無数に存在する銀河系と同様な恒星の集団。

要点 中3理科「銀河系と宇宙の広がり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました