中1数学 加法(足し算)のポイント

シェアする

スポンサーリンク

加法(足し算)

<同符号の加法>
足し算のことを「加法(かほう)」という。
同符号の足し算のときは、2数の絶対値の和となる。

  1. (+3)+(+4)=+(3+4 )=+7
  2. (-2)+(-3)=-(2+3)=-5

<異符号の加法>
絶対値の大きい方の符号となるので、2数の絶対値の大きい方から小さい方をひく。

  1. (+5)+(-3)=+(5-3 )=+2
  2. (+3)+(-7)=-(7-3)=-4
  3. (-4)+(+5)=+(5-4)=+1
  4. (-6)+(+1)=-(6-1)=-5

<加法の計算法則>
負の数をふくむ場合にも成り立つ。

  • a+b=b+a ・・・加法の交換法則
  • (a+b)+c=a+(b+c)・・・加法の結合法則
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る