【中3理科】天体の日周運動の一問一答問題

スポンサーリンク

天体の日周運動の一問一答問題

次の問いに答えなさい。

(1) 天体の位置や動きを表す、見かけ上の球形の天井を何というか。
(2) 天球で、観測者の真上の点を何というか。
(3) 地球の北極と南極を結ぶ軸を何というか。
(4) 地球が地軸を中心に1日に1回転していることを何というか。
(5) 天体が子午線を通過することを何というか。
(6) 天体が南中するときの高度を何というか。
(7) 太陽や星座の星の1日の見かけの動きを何というか。
(8) 太陽は天球上をどの方角からどの方角へ動いて見えるか。
(9) 北の空の星が日周運動によって北極星のまわりを回転する向きは、時計一回り、反時計回りのどちらか。
(10) 北の空の星は、北極星のまわりを1時間で約何度回転するか。
(11) 太陽や星が1日に1回転して見えるのは、地球が何という運動をしているからか。

天体の日周運動の一問一答問題解答

(1) 天球

天球は、天体の位置や動きを表す、見かけ上の球形の天井。観測者の真上の点を天頂という。

(2) 天頂

(3) 地軸

地軸は、地球の北極と南極を結ぶ軸。地球の自転地球は地軸を中心に、1時間に約15° (360°=24時間)、1日に1回転している。

(4) 自転

(5) 南中

南中は、天体が子午線(天球面上で天頂と南北を結ぶ線)を通過すること。このとき、天体は真南にくる。

(6) 南中高度

南中高度は、天体が南中するときの高度。

(7) 日周運動

・太陽の日周運動は、太陽は天球上を東から西に動き、1日に1回転して見える。
・星の日周運動は、星は1時間で約15°(360° 24時間)ずつ東から西に動き、1日に1回転して見える。

(8) 東から西

(9) 反時計回り

(10) 15°

(11) 自転

地球の自転と太陽・星の日周運動は、地球が西から東へ1日に1回自転するため、太陽や星が東から西に向かって1日に1回転して見える。

要点 中3理科「天体の1日の動き(日周運動)」要点まとめノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました