【中学理科】てんびんの使い方

中学理科「上皿てんびんと電子てんびんの使い方」です。

スポンサーリンク

てんびんの種類

電子でんびんと上皿てんびんとがあります。

<てんびんの使用上のポイント>

  • 分銅は、質量の重いものからのせていく。(1g=1000mg)
  • つり合うのは指針が目もりの中央で左右に同じだけ振れたとき。
  • 粉末の薬品をはかりとるとき、薬包紙は分銅をのせる皿にものせる。

上皿てんびんの使い方

上皿てんびん

  1. 水平な台の上に置き、指針が目もりの中央で左右に同じだけ振れるように、調節ねじを回す。
  2. はかりたいものを皿にのせ、もう一方の皿には少し重いと思われる分銅をのせ、つり合うように分銅に変えていく。
  3. 使い終わったら、皿に片方に重ねておく。

必要な質量をはかりとる場合は、はかりとりたい質量の分銅と薬包紙をのせ、もう一方の皿の薬包紙に薬品をのせていく。

電子てんびんの使い方

電子てんびん

  1. 水平な台の上に置き、表示の数字を0にしておく。
  2. はかりたいものを皿にのせ、表示の数字を読む。

必要な質量をはかりとる場合は、薬包紙をのせてから、必要な質量になるように、はかりたいものをのせていく。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました