北条時宗について覚えておくべきこと(中学歴史)

シェアする

スポンサーリンク

北条時宗について覚えておくべきこと(中学歴史)です。元寇のときに幕府を指揮した8代執権。元のフビライ=ハンから属国となることを求める国書がとどき、これを拒否したため、元寇がおこった。1274年に文永の役では、元の集団戦法や火薬兵器による攻撃に苦しめられた。このあと、九州北部の沿岸に石塁を築き、1281年の弘安の役では上陸を許さず、暴風雨もあって元軍は退却しました。この北条時宗について、詳しくみていきます。

北条時宗について覚えておくべきこと

  1. 元寇
  2. 円覚寺を建立
スポンサーリンク

元寇

日本を従わせようとするフビライの要求を執権北条時宗が拒否。元が高麗の軍勢とともに攻めてきました。

  • 文永の役…1274年。元軍は対馬・壱岐をへて、博多湾岸(福岡市)に上陸。元軍の集団戦法と火器に対し幕府軍は苦戦しましたが、内紛や暴風雨のため元軍は引きあげます。
  • 弘安の役…1281年。元軍は、御家人の活躍や、海岸に築かれた石塁で上陸できませんでした。暴風雨のため引きあげます。

元との交易は行われていました。銅銭や綿織物、陶磁器などが日本に輸入されました。

中学歴史「元寇と南北朝の動乱」
中学歴史「元寇と南北朝の動乱」についてまとめています。元寇と南北朝の動乱に関して、鎌倉時代の滅亡、室町時代などにふれています。それでは、中学…

円覚寺を建立

北条時宗が建立した円覚寺は、宋から招かれた際学部元が開山となり、代表的な禅宗様の建物を現在に伝えている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る