中学地理「等高線のきまり」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「等高線のきまり」についてまとめています。2万5千分では10m、5万分の1では20mごとに主曲線を示します。そのあたりについて詳しく記述しています。それでは、中学地理「等高線のきまり」です。

等高線のきまり

等高線

等高線のきまり

地形図中には、たくさんの線が引かれている。この線は。同じ高さのところを結んだ線で、等高線とよばれる。等高線はおもに主曲線と計曲線からなる。等高線の間隔は縮尺によって異なり、主曲線は、2万5千分の1の地形図では10mごと。5万分の1の地形図では20mごとに引かれ、 計曲線は2万5千分の1の地形図では50mごと、5万分の1の地形図では100mごとに引かれている。

スポンサーリンク

等高線からわかること

等高線からは高さのほか、土地の傾斜も知ることができる。等高線の間隔がせまく、こみいっているところは傾斜が急間隔が広く、ゆったりとしているところは、傾斜がゆるやかなことを表している。また、等高線が高いほうから低いほうへ向かってはり出しているところは尾根、 低いほうから高いほうへ向かってくいこんでいるところは谷というように、その土地がどんな地形をしているかもわかる。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク