【中学公民】世論とマスメディア

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】世論とマスメディアについてまとめています。時に、政治を動かす世論。世論調査は、世論の動きを知るものであり、マスメディアは、世論形成に大きな影響を与えるので、特に、大きいマスメディアの役割は重要です。よって、マスメディアには、報道の自由・知る権利の保障するとおもに、正確な情報を発信し、公正な世論を形成していく必要があります。

世論とマスメディア

世論とは、公共的な問題について、多くの人々が持つ共通の意見のことをいいます。

スポンサーリンク

政治を動かす世論

現代の民主政治は、世論による政治といわれるほどで、その動向が政策の決定に大きな影響をあたえています。世論調査でその動向を見て、政策が不人気であれば政府はしばしば方針変更を行ったりします。

世論形成におけるマスメディアの役割

世論をかたちづくるうえでマスメディアは大きな力を持っています。人々は政府や政党の活動を報道を通して知り、社説や討論会の放映での意見を参考にして、自分の意見をまとめていきます。そして、どのような世論が形成されたかを見るために、マスメディアは世論調査を行います。

公正な世論形成

公正な世論形成と自由があり、報道の国民が政治に参加するうえで大切な知る権利は、報道の自由に支えられています。自由にさまざまな情
報が提供される環境の中で、公正な世論の形成が可能になります。

メディアリテラシーとは

マスメディアから発信される情報を、さまざまな角度から批判的に読み取る力をいいます。メディアリテラシーが必要な時代です。それは、メディア各社の情報をうのみにすることは危険だからです。なぜなら各社の考え方のちがいにより、同じ記事でも論じ方にちがいがあります。記事の取り上げ方が刺激的、一面的、不正確なこともあります。そこで、このニュースは「事実なのか」「どういう意味を持つのか」な どを検討するメディアリテラシーが必要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク