中学理科「中和と塩」

シェアする

スポンサーリンク

中和と塩

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の混合において、塩酸に水酸化ナトリウム水溶液を混ぜていくと、水溶液の酸性がしだいに弱まります。中性になった水溶液を蒸発させると、白い血しょう(塩化ナトリウム)が現れます。

スポンサーリンク

塩化ナトリウムのように、酸の陰イオンとアルカリの陽イオンが結びついている物質。

中和

酸とアルカリが互いの性質を打ち消しあい、塩と水が生じる化学変化。

  • 酸+アルカリ→塩+水

中和では、酸の水素イオンとアルカリの水酸化物イオンが結びついて、水が生成する。中和は熱を発生する発熱反応です。

  • ++OH→H2

いろいろな塩

中和が起こるとき、酸とアルカリの種類がちがうと、できる塩の種類も変わります。

水に溶けやすい塩ができる中和

塩は蒸発や再結晶によって取り出します。

HCl+NaOH→NaCl+H2O 塩化水素+水酸化ナトリウム→塩化ナトリウム+水
HNO3+KOH→KNO3+H2O 硝酸+水酸化ナトリウム→硝酸カリウム+水

水に溶けにくい塩ができる中和

塩は沈殿になります。

H2SO4+Ba(OH)2→BaSO4+2H2O 硝酸+水酸化バリウム→硝酸バリウム+水
H2CO3+Ca(OH)2→CaCO2+2H2O 炭酸+水酸化カルシウム→炭酸カルシウム+水
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る