中学国語

国語における高校入試対策や実力テスト対策の項目別まとめです。

中学国語

中学漢詩「黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る(李白)の練習問題」

黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る(李白)の練習問題 次の漢詩を読んで次の問いに答えなさい。 黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る 李白 ①故人西ノカタ辞二シ黄鶴楼一ヲ 煙花三月下二ル揚州一ニ ②孤帆ノ遠影碧空ニ尽キ ③惟ダ見ル長...
中学国語

中学漢文「春暁の練習問題」

春暁の練習問題 次の漢詩を読んで、後の問いに答えなさい。 春眠不レ覚レ暁   「   」 処処聞啼鳥   処処啼鳥(しょしょていちょう)を聞く、 夜来風雨ノ声   夜来風雨(やらいふうう)の声(こえ)、 花落ツ...
中学国語

中学国語古文「主語と助詞の省略の見抜き方」

中学国語・古文「主語・助詞の省略の見抜き方」についてまとめています。 ここがポイント! 主語や目的語につく助詞「が」「を」の省略 (例)今は昔竹取の翁にといふものありけり<訳>今となっては昔のことだか、竹取の翁という人...
スポンサーリンク
中学国語

誰でもわかる!中学国語の読解問題の解き方

中学国語の読解問題の解き方です。 要点・段落 話題やキーワードに着目し、段落の中心となる内容が書かれた部分とそれを支える部分を読み分けること、段落では、各段落の内容をつかみ、その段落が果たす役割を捉えることがポイントとなります。要点は、...
中学国語

中学国語文法「助詞とその見分け方・練習問題」

中学国語「助詞とその見分け方」についてまとめています。助詞は、格助詞、接続助詞、副助詞、終助詞と分かれていきます。それぞれのはたらき、用法を確認し、最後には、練習問題をつけていますので、演習を重ねて習得していきましょう。それでは、中学国語「...
中学国語

中学国語文法「品詞の要点まとめノート・練習問題」

中学国語文法「品詞の要点まとめノート・練習問題」です。 名詞 名詞とは、名詞=自立語で活用せず、主語になることができる。名詞は、物事や人の名前などを表し、それだけで文節を作ることができる自立語で、活用しない。「が・は・も・こそ」など...
中学国語

中学漢文対策の要点まとめノート

中学国語「漢文」のポイントをまとめています。 漢文の返り点 返り点は、漢文は日本語の語順が異なるため、日本人に読みやすくするためにつけるものです。 レ点 一・二点 上・下点 一レ点・上レ点 熟語...
中学国語

中学国語「小説・物語文の読解問題対策」要点まとめノート

中学国語・読解「小説の主題のつかみ方」についてまとめています。主題をつかむためには、場面や登場人物の心情の変化を捉え、主たる人物の生き方、考え方を通して、主題を読み取ることが大事です。また、表現の特徴に注目して、場面の描かれ方を押さえていく...
中学国語

中学古文「歴史的仮名遣い」要点まとめノート・練習問題

中学国語・古文「歴史的仮名遣い」についてまとめています。歴史的仮名遣いは、現代の日本語と異なります。古文のルールを確認し、古文を読むために必要な基本知識を、整理して覚えていくことが大事です。問題を解くことで、古文の基本知識を確実に身につけて...
中学国語

中学国語文法「助動詞の要点まとめノート・練習問題」

中学国文法「助動詞」見分け方・練習問題についてまとめています。 助動詞(れる・られる) 助動詞(れる・られる)は、4つの意味に分けられます。 受け身 他から動作を受けることを表し、「(~に)...される」といえる。→受け身 (例)...
中学国語

中学国語「短歌のポイント」

高校入試対策国語の「短歌鑑賞のポイント・解き方」です。短歌は、古くからうたい続けられてきた三十一音節の定型詩です。表現の形式や技法を理解して、情景や心情を鑑賞し解いていくことがポイントです。それでは、高校入試対策・国語「短歌鑑賞のポイント・...
中学国語

中学国語「俳句鑑賞のポイントと俳句の解き方」

中学国語(高校入試対策の国語)の「俳句鑑賞のポイント・解き方」についてまとめています。俳句は、五・七・五の十七音の中に、日本人の季節感を鋭く詠み込んだ世界一短い定型詩です。詩や俳句とどうよう、作者の感動を読み取ることがポイントです。それでは...
中学国語

【中学生用】覚えておきたい熟字訓の一覧

高校入試対策・国語の「よく出る覚えておきたい熟字訓」についてまとめています。熟字訓とは、1文字ずつ単語を読むのでなく、2字以上の漢字からなる熟字を1つのかたまりとして訓読みすることです。それでは、高校入試対策・国語「よく出る覚えておきたい熟...
中学国語

敬語(尊敬・謙譲)の基本から間違えやすい敬語一覧

中学国語・文法「敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)」についてまとめています。敬語の種類を把握し、場面に応じて敬語を適切に使えるようにしておくことが大切です。それでは、中学国語・文法「敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)」です。 敬語の基本 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました