中学英文法「接続詞のまとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「接続詞」についてまとめています。

等位接続詞(and・but・or・so)

  • Ken and I are good friends. 健と私は親友です。
  • Do you go by bus or by train? バスで行きますか,それとも電車で行きますか。
  • I didn’t have lunch, so I am hungry. 私は昼食を食べなかったので,お腹がすいています。

and、but、or、soは、上の文ように、「語と語」「句と句」「文と文」を対等の関係で結びます。

スポンサーリンク

命令文, and…

(〜しなさい、そうすれば…)

  • Hurry up, and you catch the train. (急ぎなさい、そうすれは列車に間に合うでしょう。)

命令文, or…

(〜しなさい、さもないと…)

  • Hurry up, or you’ll miss the train. (急ぎなさい, さもないと列車に乗り遅れますよ。)

連語の接続詞

  • not only A but (also) B…AだけでなくBも
  • both A and B…AもBも両方とも)
  • neither A nor B…AもBもどちらも~ない
  • either A or B…(AかBのどちらか)
  • not A but B…(AでなくB)
  • A as well as B…(BだけでなくAも)

※動詞をBに合わせますが、A as well as B は動詞をAに合わせる。

従位接続詞(when・if・because・that)など

  • When I came home, my mother was cooking. 私が帰宅したとき、母は料理をしていました。
  • If it rains tomorrow, I will stay home. もしあした雨なら、私は家にいます。
  • I think(that) Yumi is kind.私は、由美は親切だと思います。

when・if・because・that など、文の中で名詞・副詞の働きをする節を導く。

  • when(~するとき)
  • if(もし~ならば)
  • because(~だから)
  • that(~ということ)
  • though(~だけれども)
  • while(~する間)
  • before(~する前に)
  • after(~したあとで)
  • since(~して以来)
  • till, until(~するまで)
  • as(~なので, ~しながら、~のとおりに)

副詞節を導く接続詞

「時」「条件」「原因・理由」などを表す節を副詞節という。副詞節を導く接続詞には、上に列挙したように、「時」を表すwhen(~するとき)、after(~したあとで)、 before(~する前に)、while(~する間)、「条件」を表すif(もし~ならば)、「原因・理由」を表すbecause(~なので)、「譲歩」を表すthough=although (~だけれども)などがある。

  • 節…主語+動詞がセットになっている。

時制

一時や条件を表す副詞節では、未来のことであっても動詞は現在形を用いる。

  • If it rains tomorrow, I will stay home. (もしあした雨なら、私は家にいます。)

thatは省略されることが多い。

if(whether) 「~かどうか」の意味で名詞節を導く。

  • Do you know if [whether] he will come. (彼が来るかどうか知っていますか。)

時制の一致

主節の動詞が過去形になると、that以下の動詞も過去形になる。

  • I know that she is sick. (私は彼女が病気であることを知っています。)
    →I knew that she was Sick. (私は彼女が病気であることを知っていました。)

その他の連語の接続詞

  • as soon as ~(~するとすぐに)
  • so ~(that) (とても~なので…)
  • not ~ until ….して初めて〜する)
  • Such ~ that (とても~なので…)

参考中学英語「too…to~とenough to~構文」

以上が、中学英語で習う「接続詞のまとめ・使い方」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る