中学理科「葉の内部構造」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「葉の内部構造」についてまとめています。

葉の内部構造

葉の内部

葉の内部

葉の内部構造を調べてみると、表皮・葉肉および葉脈から成ることがわかる。

スポンサーリンク

表皮

葉の表と裏をおおっている部分。葉の内部を保護したり、水の蒸発を防いだりする。多くの植物では、葉の裏側に多数の気孔が見られ気孔を通して蒸散や気体の出入りが行われる。

  • 蒸散…生きている植物のからだから 水が水蒸気となって出ていく現象。
  • 気孔…葉の表皮の部分にあります。孔辺細胞の間にできたすき間です。ふつう、葉の裏側の表皮に多い。

確認中1理科「蒸散」

葉肉

葉の表側と裏側の表皮にはさまれた葉の内部の部分で、葉緑体を多数ふくむ細胞から成る。葉肉は、さく状組織と海綿状組織に分けられる。両組織とも、光合成が行われる重要な場になっている。

  • 葉緑体…光合成を行う緑色の粒。
  • 光合成…植物の葉が日光を受けてデンプンなどの養分をつくるはたらきです。
  • さく状組織…細胞が規則正しく並んでいる組織。
  • 海綿状組織…細胞間にすき間が発達してスポンジ状になっている組織。

確認中1理科の「光合成と葉のつくりとはたらき」のまとめ

葉脈

葉にある維管束で、茎の維管束につながっている。一般に、葉の表側には木部(道管など)、裏側には師部 (師管など)があり、それぞれ根・茎を通ってきた水や水にとけた養分の通り道、葉での光合成でつくられた栄養分が茎などへ移動するときの通り道となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク