【中1国語】比喩で広がる言葉の世界の定期テスト対策予想問題

【中1国語】比喩で広がる言葉の世界の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・比喩がどのように使われているか理解しよう。
・比喩に使われている例を整理しよう。
スポンサーリンク

比喩で広がる言葉の世界の定期テスト対策予想問題

教科書の比喩で広がる言葉の世界の「したがって、相手がよく知っているもの~表現していくことができる。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「比喩には、形状をわかりやすく伝える効果がある」とありますが、比喩を用いて、形状を伝えるためには前提としてどのようなことが必要ですが、十五字以内で書きなさい。

問2 「物事の特性をより生き生きと印象づける」とありますが、「雷のような大声」という比喩で表現される特性はどのようなものですか、本文中の言葉を使って、三十字程度で書きなさい。ただし、句読点も含むものとする。

問3 「頭の中に入れておく」とありますが、これは、どのようなことを説明するための具体例として挙げられていますか、本文中の言葉を使って書きなさい。

問4 「頭の中に入れておく」という比喩には、「何が何に」、また、「別の何が」たとえられているか、二つにわけて、それぞれ書きなさい。

問5 「形のないものでも、こうした比喩の発想によって表現していくことができる」とありますが、これは、比喩にどのような効果があるからですか、文書中の言葉を使って、四十五字程度で書きなさい。

比喩で広がる言葉の世界の定期テスト対策予想問題の解答

問1 (例)そのものについて、相手がよく知っていること

問2 声が大きく、迫力があり、おそろしい感じがするという特性。

問3 (例)普段私たちが比喩だと認識していないような表現の中にも、比喩の発想が生きていること。

問4 
「何が何に」頭が入れ物に
「別の何が」知識や感情がその中に入っているもの

問5 (例)相手のよく知っているものにたとえてわかりやすく伝えたり、生き生きと印象づけたりする効果

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました