中学英語「使役動詞」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「使役動詞」についてまとめています。

使役動詞

  • I made him do the work. 私は彼にその仕事をさせました。
  • He won’t let me go. 彼は私を行かせてはくれないでしょう。
  • I had Jim repair my watch. 私はジムに腕時計を修理してもらいました。
  • I had my watch repaired at that shop.私はその店で腕時計を修理してもらいました。

使役動詞 make, let, have などの動詞を使役動詞といい、〈使役動詞(V) +目的語(O)+原形不定詞 (C)〉で、「~に…させる「してもらう / させてあげる」という意味を表す。

スポンサーリンク

主な使役動詞

主な使役動詞には, make「(強制的に)~させる、let 「(許可)~させてあげる」、have「~させる,してもらう」がある。 have は (have +目的語(O)+過去分詞 (C)〉の構文でも使われる。

知覚動詞と同様、OとCは主語と述語の関係にある。

  • I had Jim repair my watch.(← Jim repaired my watch)
  • I had my watch repaired at that shop. (← my watch was repaired at that shop)

使役動詞の受動態

使役動詞を受動態にして「~させられる」などの意味を表すときは、原形不定詞ではなくto不定詞になる。

  • I made him do the work. → He was made to do the work(by me).(彼はその仕事を(私に)させられました。)

まとめ

第5文型を作る「make,call,name」という使役動詞。第5文型は、「主語+動詞+目的語+補語」の文型です。「~を~にします」の意味を表します。特に「make,call,name」は第5文型をつくる動詞として使われます。

  • The news made me happy.(そのニュースは、私を幸せにした。)
  • I call him Ken.(私は、彼をケンと呼ぶ。)
  • I call the cat Ken.(私は、その猫をケンと名付けた。)

あわせて確認

以上が、中学英語「使役動詞」となります。

スポンサーリンク

シェアする