【高校入試面接】将来の進路についての答え方

【高校入試面接】将来の進路についての答え方です。

スポンサーリンク

将来の進路の答え方

将来の進路についての質問では、

  • 理想とする生き方について、なぜそう考えるのかという理由をはっきり述べ、できるだけ具体的にまとめることが大事です。
  • 就きたい職業などについてどうしてその仕事にあこがれるのかを、具体的にわかりやすく述べることが大切です。

また、夢でなく、大学への進学希望について答えることも可能です。その際には、将来の見通しの上に立って、なぜ大学進学を希望するのかを述べることが大切です。

また、附属や併設大学への進学希望の場合、附属・併設大学の科やコース、取得資格などをふまえて、希望を述べましょう。将来の職業など、目的をはっきりさせて希望を述べることも踏まえておきましょう。

将来の進路について具体的な回答例

(回答例1:理想を述べる)
私は、地球上のさまざまな国の恵まれない子どもたちのために働きたいと思っています。そう思い始めたのは、学校でユニセフのビデオを見たときです。それから、海外青年協力隊のことを知り、いつの日か参加することが私の夢です。

(回答例2:職業を述べる)
私の夢は、体育の教師になることです。 中学時代の担任が体育の先生で、授業や運動会など、どんな場面でも生き生きと指導をなさっている姿に魅力を感じ、私もそのようになりたいと思いました。

(回答例3:大学進学を述べる)
将来、私は医者になりたいと思っています。ですから、2年から理数コースを選択し、医学部のある大学を受験するつもりです。

(回答例4:夢を述べる)
保母になることが、小さいころからの夢でした。この学校では、併設の短期大学に保育科があります。そこに入学することを目指して、高校生活の3年間をがんばりたいと思います。

(回答例5:夢を述べる)
私は、将来、調理師になって自分の店をもつことを夢見ています。したがって 卒業後は、調理学校で専門的な技術を身につけ、早く一人前になりたいと思っています。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました