【中3国語】月の起源を探るの定期テスト対策予想問題

【中3国語】月の起源を探るの定期テスト対策予想問題です。

【全体像】
➊月の特異性
 ・惑星に対する質量が大きい
 ・鉄の割合が極端に少ない

➋月の起源に対する古典的仮説の別名
 ・分裂説➡親子説 ・共成長説➡兄弟説 ・捕獲説➡他人説

➌古典仮説の欠陥
 ・分裂説にあるほど、形成時の地球は、高速で自転していない
 ・共成長説と捕獲説では、月に鉄が少ないことを説明できないし、地球の重力では月を捕獲できない。

➍コンピュータシミュレーションによってわかったこと
 ・天文学的に、ともて短い時間ででき、今より二百倍以上の大きさに見える月だった。

スポンサーリンク

月の起源を探るの定期テスト対策予想問題

教科書の「確かに巨大衝突説は有力である。~天文学的にはとても短い時間であった。」の部分の文章を読んで、あとの問いに答えなさい。

(1)「この仮説」とは、何を指すか。一語で抜き出しなさい。

(2)「検証は二段階で分けて行われている」とあるが、A第一段階、B第二段階のそれぞれの検証のために行われた実験がどんな実験かを、簡潔にまとめた一文を抜き出し、始めの二字を書きなさい。

(3)「さまざまな条件」とあるが、文章中では2つの条件が書かれている。次の空欄に当てはまる言葉を、それぞれ漢字二字で抜き出しなさい。
 ・衝突する原始惑星の( ① ) ・原子惑星が地球に対して衝突する( ② )

(4)「月の材料」になるのは、何であることがわかったと書かれているか。

(5)「巨大衝突によってまき散らされた月材料物質から、月が形成されるかどうかの実験」とあるがこの実験でわかったことはどういうことか。文章中から二十二字で抜き出し、始めの四字を書きなさい。句読点も一字に含むこと。

(6)筆者が行った実験では、予測通りの結果が確かめられたが、意外な結果もあった、それはどんなことか。二十字以上、三十字以内で書きなさい。

(7)この文章の要旨を三十字以上、四十字以内で書きなさい。

月の起源を探るの定期テスト対策予想問題解答

(1)巨大衝突説
(2)Aまず B次に
(3)①質量 ②角度
(4)原始惑星の岩石成分
(5)確かに月
(6)月の形成にかかる時間は天文学的にはとても短い時間だったこと
(7)コンピュータシュミレーションの実験で、質量程度の衛星が形成されることがわかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました