【中3国語】二つのアザミの定期テスト対策予想問題

【中3国語】二つのアザミの定期テスト対策予想問題です。

3つのポイント
・筆者は、野の花としてのアザミを「宮沢賢治」の作品と「梶井基次郎」の作品からぞれぞれ異なる「薊」の印象を受けている点
・「宮沢賢治」の作品からは、明の面「すてきに背高の薊」=明るい陽のもとで映える花
・「梶井基次郎」の作品から、暗の面「裸足で薊を踏んづける!」=闇に沈んだ見えない花
スポンサーリンク

二つのアザミの定期テスト対策予想問題

教科書の二つのアザミ15ぺージ~16ページを読んで次の問いに答えなさい。

問1 「すてきに背高の薊」という表現に魅力があった理由を次のア~エより1つ選び答えなさい。
 ア 難しい表現や詩のようにきらびやかな言葉使ったから。
 イ 意味を変えないで、めずらしい言葉に言い換えているから。
 ウ 言葉の組み合わせを工夫して、新しい響きを持たせたから。
 エ 普段使わない言葉を、難しく使っているから。

問2 宮沢賢治は、「すてき」「背高」を使うことで、何を生み出しましたか、本文中から九字で書き抜きなさい。

問3 「裸足で薊を踏んづける!」は何をたとえたものか。本文中から十七字で書き抜きなさい。

問4 宮沢賢治の作品に出てくるアザミは何色ですか、「…色」に続くように一字で答えなさい。

問5 宮沢賢治」の作品と「梶井基次郎」の作品を通して、私の中で「薊」はどうなっっていったのか、本文中の言葉使って、十五字程度で書きなさい。

二つのアザミの定期テスト対策予想問題

問1 ウ
問2 これまでにない音楽
問3 真っ暗な闇の中に一歩を踏み出す勇気
問4 紫
問5 より豊かな花に育っていった

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました