【中学公民】ドント方式での選出の仕方・求め方(比例代表制)

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】ドント方式での選出の仕方・求め方(比例代表制)です。

ドント方式での選出

ドント方式とは、ベルギーの法学者ドントが考え出した議席割り当てのための計算方式で、各政党の得票数を、1、2、3…の整数で割り、数が大きい順に議席を配分する方式です。参議院・衆議院の比例代表選挙などに用いられています。議席数が決まったあとの各党の当選者は、比例代表名簿への登載者の上位から決まっていきます。

  • 比例代表制…政党の得票に応じて各政党に議席を配分する方法です。民意を反映し、少数勢力も議席を確保できますが、議会が小党分立になりやすいという短所もあります。日本この制度は、政党中心で政策本位の選挙に変わることを期待して、1994年にそれまでの大選挙区制に変えて導入されたものです。
    確認【中学公民】日本の選挙制度
スポンサーリンク

ドント方式練習問題

ドント方式得票数
現在、比例代表制では、得票数に応じた議席配分の方法として「ドント方式」が採用されています。定数9の比例代表制において、各政党の得票数は資料の通りであったとき、各政党の獲得する議席数を求めよ。

ドント方式解答・解説

A党4議席・B党3議席・C党1議席・D党1議席
ドント方式求め方

政治分野の復習

中学公民「日本国憲法改正までの手続き」(練習問題付)
中学公民「憲法改正」についてまとめています。日本国憲法の改正までの手続きは、4つの過程を経て、実現します。それでは、中学公民「憲法改正」です…

以上が、【中学公民】ドント方式での選出の仕方・求め方(比例代表制)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る