中学公民「商品の流通と流通経路」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「商品の流通と流通経路」について、まとめています。生産された商品は、貨幣を仲立ちにして流通します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民「商品の流通と流通経路」です。

商品の流通と流通経路

売ることを目的としてつくられた品物を商品といい、貨幣を仲立ちとして、商品が生産者から消費者に届くまでの流れを流通という。日本では、商品の流通経路が非常に複雑で、以下に挙げる流通経路以外にも多種多様な経路がある。商品によっては、卸売商が一次卸・二次卸・三次卸というように、何段階にも分かれている。

スポンサーリンク

一般的な流通経路

  • 生産者→卸売業 (卸売商)→小売業(小売店)→消費者

野菜・魚などの流通経路

  • 生産者→産地問屋や農業 (通業)協同組合→問屋→小売業→消費者

今日の流通

今日では流通の合理化を図るために、スーパーマーケットなどの大規模小売店は、商品を生産者から直接仕入れて流通費用の節約を図ったりしている。また、インター ネットを使ったオンライン:ショッピングは、 在庫費用の 節約につながるとして注目されている。人手を省き、流通費用を節約する。

  • 直接仕入れ…デパート・スーパーマーケットなどの大規模小売業は、生産者から直接仕入れをしている。
  • 一括仕入れ…コンビニエンスストアやファーストフード店などフランチャイズ店やチェーン店は、全店で商品をまとめて仕入れることで、費用を削減している。
  • 物流の整備…ものの流れ(物流)における貯蔵・配送のネットワークを整備することで、時間や費用を節約できる。物流センターの設置。
  • オンラインショッピング…売り手と買い手をインターネットで直接もすることで、在庫費用を節約できる。
  • POSシステム(販売時点情報管理)…レジでバーコードを読み取り、商品の販売動向をコンピュータで分析する。コンビニエンスストア・ファミリーレストランなどで活用されています。

あわせて確認

以上が、中学公民「商品の流通と流通経路」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク