中学英語「It is (for) toの文」

シェアする

スポンサーリンク

中学英語「It is (for) toの文」についてまとめていまs。不定詞の構文というべき文法です。入試でも、並び替えや長文のキーセンテンスとしてよく使われる構文なのでしっかり習得していきましょう。

It is (for) toの文

It is (for -) to 〜「(一にとって「一が])~することは…だ」という文となり、It は to 以下をさす形式的な主語なので、訳しません。(to 以下が真の主語となります)

  • It is easy to speak English. = To speak English is easy. (英語を話すことは簡単です」

Itは、主部が長くなるのを避けるために用いられる仮の主語です。

スポンサーリンク

不定詞の意味上の主語

「一にとって「一が]」を加えるときは、forをtoの前に置きます。

  • It is easy for me to speak English. (私にとって英語を話すことは簡単です。)

不定詞の主語は「私」。

It is of – to

It is の次が good, kind, foolish, careless(不注意な), Wise(賢明なる)などの性質を表す形容詞」の場合は、 (for -)のかわりに(of -)を使います。

  • It is very kind of you to help me.(手伝ってくださってありがとうございます。)

It takes +時間+ to ~

「~するのにかかる」としたい場合は、It takes +時間+ to ~を使います。

  • It takes ten minutes to go to the station. (駅まで行くのに10分かかります。)

基本文

  • It is easy to speak English.英語を話すことは、簡単です。
  • It is easy for me to speak English.私にとって英語を話すことは簡単です

不定詞の練習問題

日本語に合うように、(   )の中の英語を並び替えよ。

  1. 世界には訪れるべきたくさんの場所があります。
    There ( places / many / visit / to / are / should ) in the world.
  2. 何か熱い飲み物を持って来てください。
    ( drink / hot / me / something / to / bring / some ).
  3. 私は福岡を訪れる機会がありませんでした。
    ( Fukuoka / to / no / I / visit / chance / had / didn’t ).
  4. 駅まで歩いて5分かかります。
    It ( five minutes / to / the station / to / walk / takes / in ).
  5. あなたはこのカメラをいつ使うべきか知っていますか。
    Do ( camera / to / use / know / when / this/ you / for ) ?
  6. 私は自動車の運転の仕方を習いたい。
    I ( drive / a car / to / want / learn / to / would / how ).
  7. 医者は私にもうタバコを吸わないように言いました。
    The doctor ( me / to / smoke / not / told / said ) any more.
  8. 私は妹に部屋をそうじしてくれるように頼みました。
    I ( clean / asked / my / to / sister / the room / for ).
  9. 私はあなたにもっと働いてほしい。
    I ( harder / to / want / work / you / be ).

解答

  1. are many places to visit
  2. bring me something hot to drink
  3. I had no chance to visit Fukuoka
  4. takes five minutes to walk to the station
  5. you know when to use this camera
  6. want to learn how to drive a car
  7. told me not to smoke
  8. asked my sister to clean the room
  9. want you to work harder

あわせて確認

以上が、中学英語「It is (for) toの文」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク