【中3国語】初恋(島崎藤村)の定期テスト対策問題

【中3国語】初恋(島崎藤村)の定期テスト対策問題です。

スポンサーリンク

初恋(島崎藤村)の定期テスト対策問題

次の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

問1 この詩の形式を漢字5字で答えなさい。

問2 「花ある君」とはどのような意味ですか。次から1つ選びなさい。
 ア 髪に花をさしたあなた 
 イ 花束を手にしたあなた
 ウ 花が一番好きなあなた
 エ 花のように美しいあなた

問3 君が幼さを残す少女であることは、どのような言葉からわかりますか。詩の中から9字で抜き出しなさい。

問4 「人こひ初めしはじめなり」の意味を次から1つ選びなさい。
 ア 初めて人に恋心を抱いた。
 イ 君を初めて好きになった
 ウ 初めて人にお願いをした
 エ 君との最初の出会いだった

問5 「たのしき恋の盃を 君が情に酌みしかな」とは、「われ」のどんな様子を表していますか。二十字以内で書きなさい。

問6 「おのづからなる細道」は、なぜできたのですか。

問7 「問ひたまふ」について、①主語は誰ですか。詩の中で1語で答えなさい。②その問いの部分の始めと終わりの3字ずつを書き抜きなさい。

問8 次の4つの連は、それぞれどんなことをうたっていますか。あてはまる連の数字を(  )に漢数字で書きなさい。
①二人の心が通じ合った喜び
②恋心の芽生え
③二人の愛の深まり
④少女との出会いとその印象

初恋(島崎藤村)の定期テスト対策問題の解答

問1 文語定型詩
問2 エ
問3 まだあげ初めし前髪
問4 ア
問5 恋がかなって喜びに酔いしれている様子。
問6 二人が会うために何度も通ったから。
問7 ①君 ②林檎畑~たみぞ
問8 ①三 ②二 ③四 ④一

コメント

タイトルとURLをコピーしました