【中1国語】本を読むことのおもしろさの定期テスト対策予想問題

【中1国語】本を読むことのおもしろさの定期テスト対策予想問題です。

スポンサーリンク

本を読むことのおもしろさの定期テスト対策予想問題

教科書の本を読むことのおもしろさの「読書に夢中になったのは~読書の魅力かもしれません。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「それまで小説は」とありまますが、この「小説」について筆者の考えはどのように変わったのか、それを説明した次の文の➊➋の(  )に当てはまる言葉を、本文中から書き抜きなさい。ただし、➊七字、➋八字とする。

(説明文)小説は、( ➊ )ことだけが書かれていると思っていたが、実際には、自分が感じている( ➋ )や、言葉にできない複雑な感覚が表現されている。

問2 本文中で記述されている芥川龍之介の作品を3つすべて書き抜きなさい。

問3 筆者は、芥川や太宰の作品を読むことで、どのような気持ちになりましたか。それを説明した次の文の(   )に四字で本文中から書き抜きなさい。

(説明文)同じ悩みをもつ人間がいるとわかり、(  )気持ち。

問4 「読書の魅力」とはどのようなところだと筆者は述べていますか、本文の言葉使って、2つそれぞれ三十字程度で書きなさい。

本を読むことのおもしろさの定期テスト対策予想問題の解答

問1 ➊真面目で正しい ➋弱さやだめな部分
問2 トロッコ・羅生門・蜜柑
問3 救われた

問4 
(例)自分の感覚を確認できたり、発見できたりするところ
(例)おもしろい小説が世界にたくさんあり、永遠に読み終わらないにところ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました