【中3国語】情報社会を生きるの定期テスト対策予想問題

【中3国語】情報社会を生きるの定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・メディア・リテラシーの重要なポイントを読み取ろう。
・表からわかることを整理しよう。
スポンサーリンク

情報社会を生きるの定期テスト対策予想問題

教科書の「情報社会を生きる」の「メディア・リテラシーの重要なポイントは~私たち一人一人の存在にかかっている」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「その人が「当事者」なのか否かや、「賛成者」なのか「反対者」なのか」とありますが、当事者はどのように視点が変わるのか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 事件の生々しい状況や、その人の気持ちを伝えようとする視点。
 イ そのニュースに対して、批判的な視点。
 ウ そのニュースに対して、賛同的な視点。
 エ ニュースについての疑問を述べたり不明な点をたずねたりする視点。

問2 「送り手はどのようなものの見方を伝えようとしているか」とありますが、これを捉えるには何に注目すればよいのですか。本文中から八字と五字で書き抜きなさい。

問3 「制作過程におえる情報の取捨選択や編集機能が理解できれば」とありますが、そうすることで、どのような能力が身につくのですか。本文中の言葉を使って書きなさい。

問4 この本文の内容として最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 情報社会では、情報の受け手が送り手の特性を捉えることが重要だ。
 イ 情報が多すぎると混乱するので、送り手は取捨選択するほうがよい。
 ウ 情報社会では情報の送り手と受け手が互いに理解し合うことが必要だ。
 エ 情報の送り手に主観が入っていた場合、受け手はそれを指摘すべきだ。

問5 「SNS上でのトラブルの内容の表」から読み取れることを説明した➊➋の(  )に当てはまる言葉を「SNS上でのトラブルの内容の表」から書き抜きなさい。

(説明文)SNS上でのトラブルの傾向として、( ➊ )が傷つけ、けんかなど、自分の発言に関わるものが多く見受けられ、続いて暴露や( ➋ )など、個人情報に関わるトラベルを目立っている。

情報社会を生きるの定期テスト対策予想問題の解答

問1 ア

問2
・タイトルや見出し
・映像や写真

問3 (例)メディアの情報をうのみにせず、冷静に判断する能力。

問4 ア

問5 ➊誤解 ➋特定

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました