【中2国語】学ぶ力の定期テスト対策予想問題

【中2国語】学ぶ力の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・学ぶの力ある人は、どんな人であるかを読み取ろう。
・「学ぶ力が伸びる」ための条件を整理しよう。
スポンサーリンク

学ぶ力の定期テスト対策予想問題

教科書の「学ぶ力」の「人間ができていくために本当に必要な「力」についての情報は~師が「教える気」になる必要があります。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「「昨日の自分」と比べたときの「力」の変化」と同じ意味の言葉を本文中から五字で書き抜きなさい。

問2 「自分には「まだまだ学ばなければならないことがたくさんある」」とあるが、この言葉を言い換えた言葉を、本文中から五字で書き抜きなさい。

問3 「学ぶべきことがあるのはわかっているのだけれど、誰に教わったらいいのかわからない、という人」を次のように言いかえて説明した文の➊➋の(  )にあてはまる言葉を本文中から書き抜きなさい。ただし、➊は二字、➋は一字とする。

(説明文)学ぶ( ➊ )はあるが、「( ➋ )」を見立てる力がない人。

問4 筆者はどのような人を「師」とするのがよいよ考えているか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 今も挑戦を続けたり、学び続けている人。
 イ 町を会う居ている人の中でもひときわ見立つ人。
 ウ すでに亡くなっている昔の作家や外国の偉人。
 エ 自分が学べるものをもっていると感じられる人。

問5 「「師を求めるセンサー」を機能させている」とはどういうことであるか。本文中の言葉を使って書きなさい。

問6 筆者は「学ぶ力が伸びる」ためにはどうすることが必要だと述べているか。本文中にある三つの条件を踏まえて、書きなさい。

学ぶ力の定期テスト対策予想問題の解答

問1 時間的変化

問2 無知の自覚

問3 ➊意欲 ➋師

問4 エ

問5 (例)「師」にする人をいつも見つけようとしているということ。

問6 (例)「無知の自覚」をもちながら、自分で「師」を見つける努力を続け、「師」を「教える気」にさせること。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました