中1理科の「地震の総まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「地震の総まとめ」です。地震に関して、「地震とは何か」「災害」「地震の伝わる速さの求め方」「地震の揺れ方」「地震の起こる場所」などについてまとめています。それでは、中1理科の「地震の総まとめ」です。

地震

地震は、地下の岩石が、加わっていた力に耐えきれなくなって破壊され、岩盤がずれることで起きます。

  • 震源…破壊が始まった点
  • 震央…震源の真上の地表の点
  • 震源域…震源断層(破壊されて岩盤がずれた場所)付近の岩石が破壊されて領域。
スポンサーリンク

地震による災害

がけくずれや地割れが起こったり、都市では火災が発生して被害が大きくなることもあります。

  • 液状化…砂や泥でできたやわらかい土地が、地震により大きく揺れ、土砂と水を吹き出す現象。
  • 津波…大規模な地震により、海底が大きく変動して発生する波。

隆起・沈降

大規模な地震が起こると、土地が急にもり上がったり(隆起)、沈んだり(沈降)することがあります。

隆起でできる地形

地震による大地の急激な隆起のほか、海水面の低下により、海岸沿いが川沿いに階段状の地形ができます。(例)海岸段丘、河岸段丘
地震による大地の沈降のほか、海水面の上昇より、入り組んだ湾が続く海岸(リアス式海岸)などの地形ができます。

地面の揺れからわかること

<手順>
地震が発生してから各地で揺れはじめるまでの時間を20秒ごとに色を変えてぬる。

<結果>
色分けした境目を線で結んでいる。

<考察>

  1. 地面の揺れは、水面に広がる波紋のように、震源から四方に向けてほぼ同じ速さで広がっていく。
  2. 地震が発生してから揺れは始めるまでの時間は、震央からの距離が遠い地点ほど長くなります。

揺れが広がる速さ

各地で最初に観測される地震による地面の揺れが広がる速さは、次の式で求められる。

  • 速さ(km/s)=震源からの距離(km)/地震が発生してから地面の揺れが始まるまでの時間(s)

計算練習問題

次の表をみて、次の問題に答えなさい。ただし、小数第2位を四捨五入して、小数第1位まで答えなさい。

地点 震源からの距離 地面の揺れが始まる時間
大阪 49km 8秒
舞鶴 98km 16秒
彦根 134km 22秒
福井 195km 31秒
  1. 舞鶴までの地面の揺れが伝わる速さは何km/sですか。
  2. 彦根までの地面の揺れが伝わる速さは何km/sですか。
  3. 福井までの地面の揺れが伝わる速さは何km/sですか。
  4. 震源からの距離が250kmの地点では、地震が発生してから地面の揺れが始まるまでの時間は何秒ですか。ただひ揺れが広がる速さでは、1で求めた値を使いなさい。

答え

  1. 6.1km/s
  2. 6.1km/s
  3. 6.3km/s
  4. 41.0秒

1~3の結果から、地面の揺れは、ほぼ同じ速さで広がっていることがわかります。

地震による地面の揺れ方と大きさ

地震計は、地震の揺れを時間とともに記録する器具。地震のとき、振り子のおもりはほとんど動かないので、記録紙に揺れが記録されます。

地震の揺れ方

地震が起こると、速さのちがう2つの波が同時に発生してまわりに伝わっていきます。

  • 初期微動…はじめの小さな揺れ。速さの速い波(P波)による揺れ。
  • 主要動…あとに続く大きな揺れ。速さの遅い波(S波)による揺れ。
  • 初期微動継続時間…P波とS波が届くまでの時間の差。

地震の揺れの伝わり方

P波とS波も、震源からの距離が遠くなるほど、届くまでの時間が長くなる。
P波の速さはS波よりも速いため、震源からの距離が速くなるほど、初期微動継続時間が長くなる。その地点の初期微動継続時間がわかれば、震源までのおよその距離を知ることができます。

  • 震源からの距離がP波とS波が発生してからの時間に比例することが読み取れます。このため、初期微動継続時間は観点地点の震源までの距離に比例しています。

地震の大きさの表し方

  • 震度…地震によるある地点での地面の揺れの程度です。震度計で観測して決められ、次の10段階に分けられます。0,1,2,3,4,5弱,5強,6弱,6強,7。震度は、ふつう震源から遠く離れるについて小さくなるが、地盤の性質などにより、同じ距離でも異なるがある。
  • マグニチュード(M)…地震の規模の大きさを表す単位。数値が大きいほど地震のエネルギーは大きいです。Mの数値が1つ大きくなるとエネルギーは約32倍になります。

地震のおこる場所

プレートは地球の表面をおおう数十枚のかたい板。プレートの境目で起こる地震は、M8近くの日本付近の大きな地震は、太平洋側で浅く、日本海側にいくにしたがって深くなりまう。ななめに傾いた面にそっておこります。日本列島の真下の浅いところで起こる地震は、地震のプレートないの活断層(動く可能性のある岩盤のずれ)が動いて起こる地震で、プレートの境目で起こる地震と比べるとマグニチュードが小さい。

  • 活断層…くりかえし活動した証拠があり、今後も活動して地震を起こす可能性がある断層。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク