中2理科「日本の四季の変化(季節ごとの天気の特徴)」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「日本の四季の変化(季節ごとの天気の特徴)」についてまとめています。日本の四季の変化に関して、春・夏・秋・冬・台風とそれぞれの天気に特徴にふれています。それでは、中2理科「日本の四季の変化(季節ごとの天気の特徴)」です。

春と秋の天気

揚子江気団の一部が離れてできた移動性高気圧と低気圧が、日本付近を交互に通り抜けていきます。

スポンサーリンク

特徴

  • 高気圧がくると晴天となりますが。昼と夜の気温差が大きいです。
  • 低気圧がくると雨になることが多く、風も強まります。
  • 4~6日くらいの周期で天気の変わることが多いです。
  • 大陸から黄砂が飛来することがあります。

つゆの天気

5月中旬から7月下旬にかけて、北海道を除く日本列島はつゆ(梅雨)に入ります。

特徴

  • オホーツク海気団と小笠原気団がぶつかって停滞前線(梅雨前線)ができ、絶え間なく雲ができて長雨が続きます。
  • つゆのもたらす降水は貴重な水源になっていて「からつゆ」のときは深刻な水不足にみまわれます。

夏の天気

日本列島は小笠原気団におおわれています。南高北低の気圧配置になりやすく、南東の季節風がふき、蒸し暑い晴天の日が続きます。

特徴

  • 日射が強いため、しばしば積乱雲が発達して、雷雨となります。
  • 肌を直接日光にさらすことが多く、紫外線に注意が必要です。
  • オホーツク海気団の勢力が変わらず、小笠原気団の勢力が強まらない場合は、日照時間が少なくなり、冷夏となります。

台風

高温・多湿の熱帯の海上で発生した熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が毎秒17.2m以上になったもの。台風は温かい海面から蒸発した多量の水蒸気をもとに発達したものです。

特徴

  • 温帯低気圧と異なり、等圧線は同心円状で前線がありません。
  • 中心部の雲のない領域「目」のまわりを多くの積乱雲がとりまいています。
  • 進路は、小笠原高気圧や偏西風に影響されます。
  • 8~9月に日本に上陸する進路になることが多く、上陸または接近した場合には、強風と大雨で大きな被害をもたらします。

冬の天気

シベリア高気圧が発達し、西の大陸で気圧が高く、東の太平洋側で低い西高東低の気圧配置になります。

特徴

  • シベリア気団は。日本海側に大量の雪を降らせ、太平洋側ではかわいた晴天の日が続きます。
  • シベリア気団が平年よりも発達すると強い季節がふき寒冬となり、平年よりも発達しないと暖冬となります。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク