【中1国語】さくらのはなびらの定期テスト対策予想問題

【中1国語】さくらのはなびらの定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・作者の思いを読み取ろう。
・詩に使われてる表現技法を整理しよう。
スポンサーリンク

さくらのはなびらの定期テスト対策予想問題

教科書の「さくらのはなびら」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 この詩の用語・形式を漢字五文字で書きなさい。

問2 この詩の作者を答えなさい。

問3 「いま おわったのだ /そして はじまったのだ」とはどのようなことを表していますか。これについて説明した文の➊➋の(  )に入る言葉を考えてそれぞれ三字で書きなさい。

(説明文)( ➊ )であると同時に( ➋ )でもあるということ。

問4 「さくらにとって/うちゅうにとって/ひとつのことが」とありますが、その後には同じことが続きます。その言葉を十字似内で考えて書きなさい。

問5 「あたりまえすぎる」と対比されている子t場を、書き抜きなさい。

さくらのはなびらの定期テスト対策予想問題の解答

問1 口語自由詩

問2 まど・みちお

問3 ➊終わり ➋始まり

問4 (例)おわってはじまった

問5 かけがえのない

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました