【中2国語】正しい言葉は信じられるかの定期テスト対策予想問題

【中2国語】正しい言葉は信じられるかの定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・筆者の主張を読み取ろう。
・言葉と事実の関係の例なぢを整理しよう。
スポンサーリンク

正しい言葉は信じられるかの定期テスト対策予想問題

教科書の「正しい言葉は信じられるか」の「人間の性格などを表す言葉では~習慣を身につけなければならない。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「言葉の選び方によって、長所や短所に表現したり、短所を長所に表現したりすることも可能になる。」とありますが、その理由を本文中の言葉を使って五十字程度で書きなさい。

問2 「A新聞とB新聞」の例は何を言うためのものですか。簡潔に書きなさい。

問3 「「正しいこと」-間違いではないこと-も、どきには人をだまし、欺く」とありますが、「ときには」とは例えば、どのようなとkですか。書き始めを「新聞記事の」とし、本文中から三十七字で探し、書き抜きなさい。句読点や符号も含む。

問4 「「正しいこと」-間違いではないこと-も、どきには人をだまし、欺く」とありますが、その理由をしたものとして、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 正しいことにも、間違いと思っていないことにも、勘違いがあるから。
 イ 正しいと思えることの中にも、うそや誤りは混じっているものであるから。
 ウ 事実はいろいろな言葉で表現でき、使う人はそれを都合よく選ぶものであるから。
 エ 事実は誰にもわからないことで、言葉によって表現できるものではないから。

問5 この本文で筆者の伝えたいことは何ですか。「正しいこと」「事実と言葉」「視点」の言葉を使って書きなさい。

正しい言葉は信じられるかの定期テスト対策予想問題の解答

問1 (例)人間の性格は言葉と本来的に結びついてはおらず、味方によって長所になったり短所になったりするから。

問2 異なる評価の両方が、正しいことを示すため。

問3 片方だけを読み、、そこに書かれていることをそのまま「事実」だと信じ込んだとき

問4 ウ

問5 (例)「正しいこと」も人をだまし、欺くことがあるので、事実と言葉との関係を理解し、物事を複数の視点から眺める習慣を身につけてほしい。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました