【中2国語】走れメロスの定期テスト対策予想問題

【中2国語】走れメロスの定期テスト対策予想問題です。

メロスが王城に乗り込んだ理由
町を暴君ディオニスから救おうと考えたから。
メロスが王と交わした約束
・妹の結婚式のために、一度村へ帰る
・三日目の日没までに王城に戻り、処刑される。
・自分の身代わりに、親友を人質とする。
メロスの心情の変化
披露していた肉体が、うとうとして眠り、起きて清水を飲んだことによって、回復したことにより、自暴自棄の状態から希望を持つまでに変化した。
スポンサーリンク

走れメロスの定期テスト対策予想問題

「やめてください。走るのはやめてください。~勇者は、ひどく赤面した。」の部分の教科書を読んで次の問いに答えなさい。

問1:「王様がさんざんあの型をからかっても」とありますが、王はセリヌンティウスをどのようにからかったと思われますか。適切なものを次から1つ選び、記号で答えよ。
ア:人質になった気分はどうだと、窮地にいるセリヌンティウスのことをおもしろがった。
イ:メロスが自分の命を惜しがって、セリヌンティウスを裏切るにちがいないとあざけった。
ウ:友情と自分の命とどちらが大切なのかと、セリヌンティウスを動揺させるようなことを言った。
エ:素直に許しをこえば許してやらないわけでないと、セリヌンティウスの気を引いた。

問2:「訳のわからぬ大きな力」とほぼ同じ内容を表す言葉を文章中から十二字で抜き出しなさい。

問3:メロスが日没寸前に刑場に勢いよく入り込んだことが表現されている一文を文章中から探し、初めの五字を抜き出しなさい。

問4:「群衆の中からも、歔欷(きょき)の声が聞こえた」とあるが、ここに表れた群衆の気持ちとして最も適切なものを次から1つ選び、記号で答えなさい。
ア:感動 イ:同情 ウ:憐れみ エ:驚き

問5:「顔を赤らめて、こう言った。」とあるが「顔を赤らめ」た様子から、王のどのような気持ちが読み取れるか。次の文の(   )に当てはまる言葉を簡潔に答えなさい。
文:今までの自分を(   )気持ち。

問6:「おまえらは、わしの心に飼ったのだ。」の「わしの心」とはどのような心か。次の文の(  )に五字で当てはまる言葉を文章中から抜き出しなさい。
文:信実は(   )だという、人間不信の心。

問7:この文章では、どのようなことが中心に描かれているか。次の文の(A)は一字、(B)は、二字、(C)は五字で当てはまる言葉を文章中から抜き出しなさい。
文:メロスが(A)をかけて、(B)を果たすことで、王の、信実は(C)だという、不信の心を打ち破ったこと。

走れメロスの定期テスト対策予想問題解答

問1:イ
問2:もっと恐ろしく大きいもの
問3:日はゆらゆ
問4:ア
問5:恥じる
問6:空虚な妄想
問7:A命 B約束 C空虚な妄想

コメント

タイトルとURLをコピーしました