【中2国語】小さな手袋の定期テスト対策予想問題

【中2国語】小さな手袋の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・シホの様子や気持ちを読み取ろう。
スポンサーリンク

小さな手袋の定期テスト対策予想問題

教科書の小さな手袋の「六年前の秋、この雑木林で~一人で林へ出かけたのである。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「絶対、いた」とありますが、シホは、何が「いた」と言っているのですか。本文中から六文字で書き抜きなさい。

問2 「シホは立ちすくんだ」とありますが、このときのシホの気持ちとして最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 落胆
 イ 驚き
 ウ 喜び
 エ 興奮

問3 「それが、目の前のおばあさんとそっくりだった」とありますが、「それ」とは何ですか。本文中の言葉を使って簡潔に書きなさい。

問4 「シホは伏し目になり、足もとだけを見るようにして、そろそろと後ずさった」とありますが、シホがそのようにしたのはなぜですか?本文中の言葉を使って二十五字以内で書きなさい。

問5 「大いに満足したよう」とありますが、シホはなぜ「満足」したのですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 父が自分の行動の正しさを認めてくれたから。
 イ おばあさんが本当に妖精だったとわかったから。
 ウ 自分の正しい判断によって無事に家に帰れたから。
 エ 両親が楽しそうに自分の話を聞いてくれたから。

問6 「真偽を確かめに、一人で林へ出かけた」とありますが、シホは何の真偽を確かめようとしてましたか。本文中の言葉を使って書きなさい。

小さな手袋の定期テスト対策予想問題の解答

問1 年老いた妖精

問2 イ

問3 (例)最近読んだ本に出てきた、魔法を使って人間を石や木に変えてしまう意地悪な妖精。

問4 (例)目を見合わせると魔法をかけられると思ったから。

問5 ア

問6 (例)雑木林にいたおばあさんが、本当に妖精なのかどうか(ということ)。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました