中学理科「電離」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「電離」についてまとめています。

電離

塩化ナトリウムや塩化銅などの物質は、水にとけたと き陽イオンと陰イオンに分かれる。このように、物質が水にとけて、陽イオンと陰イオンに分かれることを電離といいます。

スポンサーリンク

電解質と非電解質

電解質の水溶液に電流が流れるのは,電解質が水にとけると電離するからである。つまり、電解質とは水にとけて電離する物質であり、非電解質とは水にとけても電離しない物質であるといえる。

強電解質と弱電解質

電解質の種類によって、電離しやすいものや電離しにくいものがある。水にとかした物質のほとんどが電離するものを強電解質といい、物質の一部分しか電離しないものを弱電解質という。

電離式一覧

電離のようすを、化学式とイオン式を使って表したものを電離式という。

  • 塩化ナトリウムの電離…NaCl→Na+ +Cl
  • 塩化銅の電離…CuCl2→Cu2+ + 2Cl2
  • 塩化水素の電離…HCl→H+ + Cl
  • 水酸化ナトリウムの電離…NaOH→Na+ + OH
  • 硫酸の電離…H2SO4→2H+ + SO42-
  • 硫酸銅の電離…CuSO4→ Cu2+ + SO42-
  • 硝酸の電離…HNO3→ H+ + NO3
  • 水酸化バリウムの電離…Ba(OH)2→Ba2+ + 2OH
  • 水酸化カリウムの電離…KOH→K+ + OH
  • 炭酸の電離…H2CO3→ 2H+ + CO32-
  • 水酸化カルシウムの電離…Ca(OH)2→ Ca2+ + 2OH

まとめ

電離は、電解質が水に溶け、陽イオンと陰イオンに分かれること。

(例)塩化ナトリウムの電離 塩化ナトリウム→ナトリウムイオン+塩化物イオン

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク