【中1国語】栄光の架橋の定期テスト対策予想問題

【中1国語】栄光の架橋の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・歌詞の隠された意味を読み取ろう。
スポンサーリンク

栄光の架橋の定期テスト対策予想問題

教科書の「栄光の架橋」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「いくつもの日々を越えて、辿り着いた今がある」について、「いくつもの日々」の困難を、比喩を用いて表現している部分を、詩の中から十三字書き抜きなさい。

問2 「悔しくて眠れなかった夜があった / 恐くて震えていた夜があった」とありますが、何を表しているのか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 裏切り
 イ 奮闘
 ウ 嫌悪
 エ 挫折

問3 「終わらないその旅」とありますが、どのようなことを例えているのですか。三十字以内で自分で考えて書きなさい。

問4 この詩の展開を説明したものとして、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 第二連では、過去より未来が大切だという人に触れ、第四連では、過去の生き方が大切であるという思いを記している。
 イ 第一連では、思い描いたがかなわなかった夢を回想し、第四連では新しい夢をつかんだ明るい未来を連想している。 
 ウ 第一連と第三連では、一人でがんばってきた自分への自信、第二連と第四連では、助けてくれた多くの人へ感謝が込められている。
 エ 第一連と第三連では、これまでの孤独や不安を振り返り、第二連と第四連では、輝かしい未来に目を向けさせている。

栄光の架橋の定期テスト対策予想問題の解答

問1 決して平らな道ではなかった

問2 エ

問3 (例)あの時思い描いた夢をかなえるためにずっと続く日々のこと。

問4 エ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました