中1理科「三大栄養素」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科「三大栄養素」についてまとめています。

三大栄養素

動物のからだをつくるもとになったり、エネルギー源になったりする栄養素で、炭水化物、タンパク質、脂質(脂肪)をいう。三大栄養素に無機質(無機物)、ビタミンを加えたものを五大栄養素といい、三大栄養素のはたらきを助けるミネラルなどの無機質、ビタミン、食物繊維といったものを副栄養素という。

スポンサーリンク

デンプン

炭水化物または糖類とよばれるものの一種で、多数のブドウ 糖の分子が結合してできた多糖類である。体内に入ると、消化酵素により分解されて、最終的には単糖類のブドウ糖になって吸収される。

炭水化物

デンプン・ショ糖・麦芽糖・ブドウ糖などの有機物。細胞内で、酸素と結びついて生命活動のエネルギーをとり出している。

タンパク質

約20種類のアミノ酸が多数結合してできている有機物。牛乳、卵白、大豆などに多く含まれており、生物のからだをつくるもとになっている。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク