【中学理科】くらしを支える科学技術

【中学理科】くらしを支える科学技術についてまとめています。

スポンサーリンク

くらしを支える科学技術

衣食住と科学技術、移動・輸送の科学技術、情報・通信と科学技術に分けて、まとめています。

衣食住と科学技術

  • 品種改良…栽培がしやすく、利用がしやすい作物をつくる努力が続けられてきました。
  • 化学肥料…作物の収穫量を上げ、ふえ続ける世界人口を支えてきました。
  • 新素材…合成繊維プラスチックなどすぐれた性質の素材が開発され、くらしがより快適になりました。

移動・輸送の科学技術

18世紀後半に、ワットの蒸気機関が開発されてから、大量の人や品物を高速で運ぶ機会が次々に考案され、人間活動と産業活動がさかんになりました。

情報・通信と科学技術

  • コンピュータ…20世紀ごろから、シリコンなどを使うエレクトロニクスとそれを活用するコンピュータが発達しました。天気予想や商品管理などに使われています。
  • ノートパソコンと携帯電話…ソフトウェアの革新が進み、インターネットを通じて世界中につながるようになりました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました