【中3国語】いつものように新聞が届いたの定期テスト対策予想問題

【中3国語】いつものように新聞が届いたの定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・新聞の役割を読み取ろう。
・記者が経験したこと、それから何を決心したのかを読み取ろう。
スポンサーリンク

いつものように新聞が届いたの定期テスト対策予想問題

教科書のいつものように新聞が届いたの「日本の新聞は、日本中を発行エリアとする全国紙と~キーワードは「防災」「震災」だ。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「ある大学の分析」の結果について、全国紙に当てはまらないものを次から一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 日本中を発行エリアとする。
 イ 短期間で伝えるニュースの内容が変化する。
 ウ いろいろな種類の情報を広い範囲へ伝える。
 エ 読者の希望より新聞社の方針が優先である。

問2 「読者が新聞に臨むもの」とありますが、地方紙には、どんな役割を望んでいるのですか。「被災者が」から書き始めなさい。

問3 「言葉の使い方でも微妙な違いが出る」について、どんな違いが出ましたか。本文中の言葉を使って書きなさい。

問4 「見出しを担当した整理記者」について、「死者」を使わないと決めたのはなぜですか。その理由がわかる一文を書き抜きなさい。

問5 「新聞が果たすべきこと、新聞に求められていること」とは、どんなことですか。「経験」「情報」という言葉を使って書きなさい。

いつものように新聞が届いたの定期テスト対策予想問題の解答

問1 エ

問2 (例)被災者がその時に必要としている情報を継続して発信し続ける役割

問3 (例)仙台の新聞社では「犠牲」を使い、全国紙では、「死者」を使うという違い。

問4 冷めた印象の「死者」という言葉をどうしても使いたくなかった。

問5 (例)震災の経験を今後に生かし、「防災」「震災」に必要な情報を伝えること。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました