【中2国語】自分で考える時間をもとうの定期テスト対策予想問題

【中2国語】自分で考える時間をもとうの定期テスト対策予想問題です。

3つのポイント
・ニュースの内容が、時間帯や放送局などで違うことに注目。
・情報との付き合い方で大事なことは何かを把握しよう。
・ニュースを例にし、著者は何を主張したかったのでしょう。
スポンサーリンク

自分で考える時間をもとうの定期テスト対策予想問題

教科書の「自分で考える時間」をもとうのp64の10行目~p65の10行目を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「テレビのニュースを例に考えてみましょう」とありますが、何について考えるのか、本文中の言葉を用いて、「~について」となるように簡潔に書きなさい。

問2 次の説明は、➊朝のニュース、➋夜のニュース、➌深夜のニュースのどれについて記述したものか、➊~➌の番号でそれぞれ答えなさい。
 ア 政治や経済、国際問題などの話題を多く伝える
 イ スポーツの最新情報を多く伝える
 ウ 前日の出来事を伝える
 エ 当日の予定を伝える

問3 ニュースを伝えるときに、あってはならないことはなにか、本文より2つ書き抜きなさい。

問4 情報に接するときに、大事なことはどうすることか、本文より2つ書き抜きなさい。

自分で考える時間をもとうの定期テスト対策予想問題の解答

問1 (例)編集されている情報について

問2 
ア➋
イ➌
ウ➊
エ➊

問3
・ミスから誤った情報が入り込むこと
・どちらかの立場に肩入れした情報を伝えること

問4
・情報を疑ってみること
・一つのメディアのみではなく、複数のメディアに当たること

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました