【中3国語】狂言「柿山伏」の定期テスト対策予想問題

【中3国語】狂言「柿山伏」の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・登場人物たちの掛け合いを楽しもう。
・登場人物の心情を読み取ろう。
スポンサーリンク

狂言「柿山伏」の定期テスト対策予想問題

教科書の「狂言「柿山伏」」を読んで、あとの問いに答えなさい。

問1 この文章は、狂言の台本の一部です。狂言について説明した文の(  )に当てはまる言葉として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。

(説明文)狂言は、日本の伝統芸能の一つであり、こっけいや風刺を中心とした台詞劇である。音楽劇である(  )の合間に演じられてきた。

 ア:歌舞伎 イ:能 ウ:浄瑠璃 エ:落語

問2 「これはおどさずばなるまい」と山伏が考えたのはなぜですか。簡潔に書きなさい。

問3 「さてさて、おもしろいことじゃ」とありますが、柿主は何をおもしろがっていますが。それを説明した文の(  )に当てはまる言葉を文章中から八字で書き抜きなさい。

(説明文)自分の言うことを真に受けて、動物の名を出すたびに(  )山伏の様子。

問4 「なんと飛ばるるものじゃ」の意味を現代語にしなさい。

狂言「柿山伏」の定期テスト対策予想問題の解答

問1 イ

問2 (例)柿主が木の陰に隠れている自分のことを犬と間違っていると思ったから。(犬ならほえそうなものだと言われたから。)

問3 上手にまねをする

問4 (例)どうして飛ぶことができるだろうか(、いや、できそうにない)。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました