【中2国語】漢詩の風景(春暁)の定期テスト対策問題

【中2国語】漢詩の風景(春暁)の定期テスト対策問題です。

  • 作者:孟浩然(もうこうねん)唐代の詩人
  • 詩の形式:五言絶句 構成法:起承転結
  • 歌われた季節:春
  • 詩の内容:春の朝、寝床の中で感じる明るくのどかな気分
  • 表現の特徴:押韻(おういん)は、第1・2・4句、体言止めが第3句
スポンサーリンク

春暁の練習問題

次の漢詩を読んで、後の問いに答えなさい。

春眠不暁   「   」

処処聞啼鳥   処処啼鳥(しょしょていちょう)を聞く、

夜来風雨声   夜来風雨(やらいふうう)の声(こえ)、

花落ツルコト多少   花(はな)落つること(おつること)知る(しる)多少(たしょう)。

問1 漢詩の中の「春眠不覚暁 」の「     」に当てはまるように書き下し文に改めなさい。
問2 処処聞啼鳥 に訓点を付けて、訓読文に改めなさい。
問3 この漢詩の種類(形式)と構成法をそれぞれ漢字四字で答えなさい。
問4 夜来風雨の声を読むとおりに、すべてひらがなで書きなさい。
問5 漢詩の題名を詩の中の漢字を使って漢字二字で答えなさい。 また、それを口語訳すると、どういう意味になるか 答えなさい。
問6 「花落つること知る多少」ついて説明したものとして適切なものを次から選び記号で書きなさい。

ア 作者は、花が少し散ったのではないかと心配している。
イ 作者は、たくさんの花が咲いていた庭を空想している。
ウ 作者は、たくさん花が落ちている庭を眺めている。
エ 作者は、庭にたくさん花が落ちた様子を想像している。

春暁の練習問題の解答

問1 春眠暁を覚えず
問2 処処聞啼鳥
問3 種類:五言絶句 構成法:起承転結
問4 やらいふううのこえ
問5 題名:春暁 口語訳:春の夜焼け
問6 エ

コメント

タイトルとURLをコピーしました