【中1国語】漢字の音訓の定期テスト対策予想問題

【中1国語】漢字の音訓の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・音読みと訓読みの区別をしっかりしよう。
・紛らわしい読みについて、その都度覚えよう。
スポンサーリンク

漢字の音訓の定期テスト対策予想問題

問1 次の説明は、それぞれ漢字の何という読み方の説明であるか。➊➋の(  )にあてはまるもっともふさわしいものを、次の選択肢の中から一つ選び、記号で答えなさい。

その漢字が日本に伝わってきたときの、中国語での発音に似せて読んだ読み方を( ➊ )といい、同じ意味を表す日本古来の言葉を、その漢字にあてはめた読み方を( ➋ )という。

(選択肢)ア:音読み イ:訓読み ウ:重箱読み エ:湯桶読み

問2 次のア~エの中から、下線部の漢字の読み方が一つだけほかの異なるものをそれぞれ選び、記号で答えなさい。
(1)ア:士 イ:家 ウ:者 エ:
(2)ア:寧 イ:包 ウ:重 エ:装
(3)ア:開 イ:天 ウ:末 エ:
(4)ア:温 イ:合 ウ:配 エ:大

問3 次の下線部の熟語は、どのような読み方をしているか。それぞれ後から選び、記号で答えなさい。
(1)手本とする字
(2)今日の献立
(3)毎朝の日課
(4)素顔が美しい
(5)夏空が広がる
(6)本音をもらす
(7)頼れる相棒
(8)古代の生物
(9)テレビ番組
(10)家賃が高い。

(選択肢)
ア:重箱読み イ:湯桶読み ウ:上下とも音読み エ:上下とも訓読み

漢字の音訓の定期テスト対策予想問題の解答

問1 (1)ア (2)イ

問2
(1)ウ
(2)イ
(3)ウ
(4)ウ

問3
(1)イ
(2)ア
(3)ア
(4)ア
(5)エ
(6)ア
(7)イ
(8)ウ
(9)ア
(10)イ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました