中学地理「鹿島臨海工業地域の特色まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「鹿島臨海工業地域の特色まとめ」です。鹿島臨海工業地域で重化学工業が発達し、日立市は企業城下町となっています。そのあたりについて、まとめています。それでは、中学地理「鹿島臨海工業地域の特色まとめ」です。

鹿島臨海工業地域

茨城県の工業の中心地は、鹿島灘沿いの鹿嶋市を中心に広がる鹿島臨海工業地域である。この地域は、かつては砂浜が広がるだけの海岸だったが、1960年代に掘り込み式の人工の港がつくられ、製鉄所や石油化学コンビナートが建設された。以後、鉄鋼業と石油化学工業を中心に発展し、鹿島臨海工業地域とよばれる一大工業地域へと成長した。

スポンサーリンク

日立市

日立市は世界的な電気機器メーカーの企業城下町である。かつてこの地は鉄鋼石を産出する鉱業都市であった。 しかし、大手電気機器メーカーの本拠地となってから、電気機械工業が工業の中心となった。今では、日立市民の多くが、この会社に関わる仕事に従事している。

  • 再開発…それまであった建物を壊して新しい街を作り直す。筑波研究学園都市(茨城県)、幕張新都心(千葉県)、さいたま副都心(埼玉県)など新しいまちづくりが行われました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク