中学地理「中京工業地帯の特色まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「中京工業地帯の特色まとめ」です。中京工業地帯の中でも、全国一の工業県豊田市の自動車工業は世界をリードしています。そのあたりについてまとめています。それでは、中学地理「中京工業地帯の特色まとめ」です。

中京工業地帯

愛知県は中京工業地帯の中心地で、全国一の工業出荷額 をあげている。その中心となっているのが、豊田市の自動 車工業である。豊田市は、1930年代につくられた自動車会社とともに発展してきた企業城下町である。この自動車会社トヨタは、現在は世界有数の自動車会社となり、豊田市民の多くはこの会社に関わる仕事をしている。愛知県ではほかにも、東海市の鉄鋼業などの重化学工業が発達している。

  • 鉄鋼業・石油化学工場…伊勢湾沿いで盛んで、自動車の部品の原料も生産しています。
  • 航空機産業…大学との連携で航空機産業など先端技術産業の技術・開発が進められています。
スポンサーリンク

軽工業

愛知県では重化学工業だけでなく、軽工業も発達している。とくに有名なのが、瀬戸市の瀬戸焼である。陶磁器全般を「せともの」というように、瀬戸市は全国を代表する陶磁器づくりの産地である。近年、瀬戸市では、ファインセラミックスの製品など、先端技術の導入も進めている。このほか、一宮市では奈良時代の織物づくりから発展した毛織物の生産がさかんである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク