中学地理「三大洋と六大陸」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「三大洋と六大陸」についてまとめています。海洋は、大平洋・大西洋・インド洋が三大洋。太平洋が最大の海洋です。また、陸地(陸)は、六大陸と多くの島々からなる。ユーラシア大陸が最大。大陸とそのほかの島々からなるわけです。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学地理「三大洋と六大陸」となります。

海洋

海洋(海)は、太平洋・大西洋・インド洋の三大洋と付属海とよばれる、日本海、地中海、東シナ海などの小さな海からなる。このうち、最大の海洋は太平洋である。面積は 約1.7億kmにもなり、地球の全陸地面積(約1.5億km)よりも大きい。この太平洋・大西洋・インド洋だけで全海洋面積の約90%をしめている。

大陸

大陸とは、とくに大きな陸地のことで、小さな島々は陸地ではあるが、大陸とはいわない。また、グリーンランドはかなり大きな島ではあるが、大陸とはよばれていない。大陸は、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、南極大陸の6つである。最も大きな大陸 はユーラシア大陸で、2番目に大きなアフリカ大陸の2倍近くある。オーストラリア大陸は1つの国からなる。南極大陸以外は、人が定住しており、それぞれの大陸で異なった文化が育まれている。

スポンサーリンク

南極大陸

南極大陸は定住している人がいないだけでなく、どの国の領土にも属していない大陸である。かつては、各国が領有権を主張していたが、1961年に発効した南極条約によって、各国の領有権が凍結された。現在は観測や研究目的で、日本、アメリ カ合衆国。ロシア連邦など多く の国が基地を置いている。

地球の大きさと表面

赤道周囲は約4万km。7:3で陸地より海が広い。地球は球型というのが常識であるが、実は完全な球体ではない。赤道半径が約6,378kmなのに対して、極半径 (北極点と南極点を結んだ直線距離の半分)は約6,357kmで、赤道半径のほうが約21km長く、わずかに平べったい球体をしている。赤道の全周は約4万kmで, 日本列島13個分の長さに相当し、時速250kmの新幹線で6,7日近くもかかる距離である。

地球を宇宙から眺めると、青・白・茶色・緑で構成されているのがわかる。青は海、白は雲と氷、茶色と緑は陸地である。これらを見比べてみると、青い部分が多いことが目につく。表面積を見ると、青い部分の海は約36億kmである。地球の表面積は約5.1億kmであるから、海は全体の約70%をしめていることになる。いっぽう、陸地の面積は約1.5億kmで、全体の約30%である。このように、海のほうが広いが、人類はせまいほうの陸地に住んでいる。

まとめ

  • 六つの大陸…最も広い大陸は、ユーラシア大陸で、三つの太平洋すべてに面します。ほかに、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸、オーストラリア大陸があります。
  • 三つの大洋…最も広い海洋は、太平洋で、アフリカ以外の全ての大陸に囲まれています。他に大西洋、インド洋。

世界の地域区分は、島々を含めて世界を地域分けする場合、六つの州に分けることができます。

あわせて確認

以上が、中学地理「三大洋と六大陸」となります。

スポンサーリンク

シェアする