中学理科「高気圧と低気圧のまわりをふく風」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「高気圧と低気圧のまわりをふく風」についてまとめています。

高気圧と低気圧のまわりをふく風

風の吹き方

風の吹き方

風は気圧の高いところから低いところに向かって、等圧線をななめに横切るようにふく。それでは、高気圧や低気圧のまわりの風の向きが違うのが注意です。北半球をベースにして説明します。

スポンサーリンク

高気圧と風

高気圧は中心の気圧が高く、周囲の気圧のほうが低い。このため、気圧傾度力は中心から外側に向かう。北半球では、コリオリの力はこの気圧傾度力の右側にはたらくため、高気圧からは時計まわりに風がふき出すことになる。

  • コリオリの力(転向力)…地球上で移動する物体を進行方向に対して右か左に曲げる見かけの力

低気圧と風

低気圧は中心の気圧が低く,周囲の気圧のほうが高い。 このため,気圧傾度力は周囲から中心に向かう。北半球では、コリオリの力はこの気圧傾度力の右側にはたらくため, 低気圧には反時計まわりに風がふきこむことになる。台風も低気圧であり、風がふきこむ方向に沿って、反時 計まわりのうずをつくる。

まとめ

風の吹く向きは、気圧の高い方から低い方へ吹く。

  • 風…水平方向の空気の動きのこと。垂直方向の空気の動きは、気流。
  • 空気を動かす力…2点間の気圧の差。
  • 風の吹く向き…気圧の高いこのところから低いところ向かって吹く。
  • 風の吹く強さ…気圧の差が大きいほど強い風が吹く。
  • 風向は、風が吹いてくる方向。普通16方位で表す。北から南へ向かって吹く。風向は、北。
  • 風速は、空気が動く速さのことで単位はm/s。
  • 風力は、樹木とや建物におよぼす影響で表せした風の速さのことで、13段階(風力0~12)に分けた風力階級で表す。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク