中学国語・古文「歴史的仮名遣い」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語・古文「歴史的仮名遣い」についてまとめています。歴史的仮名遣いは、現代の日本語と異なります。古文のルールを確認し、古文を読むために必要な基本知識を、整理して覚えていくことが大事です。問題を解くことで、古文の基本知識を確実に身につけていくことがポイントです。それでは、中学国語・古文「歴史的仮名遣い」です。

歴史的仮名遣い

古典て使われている仮名遣いを「歴史的仮名遣い」という。現代仮名遣いとは表記のしかたが異なるので、読み方を覚えておく。

歴史的仮名遣い読み方

スポンサーリンク

語頭以外のはひふへほ

  • は→わ
  • ひ→い
  • ふ→う
  • へ→え
  • ほ→お

<例>

  • あはれ→あわれ
  • こひ→こい(恋)
  • とふ→とう(問う)
  • かへて→かえて(楓)
  • とほし→とおし(遠し)

ぢ・づ

  • ち→じ
  • づ→ず

<例>

  • なんち→なんじ
  • いづれ→いずれ

を(助詞以外)

  • をかし→おかし

ゐ・ゑ

  • ゐ→い
  • ゑ→え

<例>

  • くれなゐ→くれない(紅)
  • こる→こえ(声)

「オ段」の 「ア段」の音 +う(ふ)

  • まう→もう (mausu)
  • まうす もうす(申す) →(mosu)
  • あふ→おう
  • あふぎ →あうぎ →(ogi) おうぎ(扇)

「イ段」の音 +う(ふ)

  • しう→しゅう
  • しうか (siuka)→(Syuka) しゅうか (秀歌)

「工段」の音+う(ふ)

  • けふ→けう→きょう (今日)

つ・や・ゆ・よ

  • 取つて→取って
  • ひゃくやく→ひゃくやく(百薬)
  • ちゆうごく→ちゅうごく
  • によらい→にょらい(如来)

くわ・ぐわ

  • くわじ→かじ
  • さんぐわつ→さんがつ

まとめ

  • 語頭以外(2文字以降)の「はひふへほ」は、「わいうえお」
  • 「ぢ→じ づ→ず む→ん」と「ゐ→い ゑ→え を→お」セットで覚える
  • 「ア段の音+う」→「オ段+う」と「イ段の音+う」→「イ段+ゅう」と「エ段の音+う」→「イ段+ょう」もセットで覚える。

あわせて確認

以上が、中学国語・古文「歴史的仮名遣い」となります。

スポンサーリンク

シェアする