【中2国語】木の定期テスト対策予想問題

【中2国語】木の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・作者は木をどんなものと捉えているだろう。
・詩に使われている表現技法をまとめよう。
スポンサーリンク

木の定期テスト対策予想問題

教科書の「木」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 この詩の作者を漢字で書きなさい。

問2 「見る人が見たら」とありますが、「見る人」とはどのような人だと考えられますか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 木と心と心で対話できる人。
 イ 木のことを好きだと思っている人。
 ウ 物事の本質を見きわめられる人。
 エ 人といつも違う意見を言う人。

問3 「木が囁いているのだ」に用いられている表現技法を書きなさい。

問4 「木は歩いているのだ 空にむかって 木は稲妻のごとく走っているのだ 地の下へ」とありsむが、これはどのような言葉に対する反論ですか。詩の中から十五字以内で抜き出しなさい。

木の定期テスト対策予想問題の解答

問1 田村隆一

問2 ウ

問3 擬人法

問4 木は歩いたり走ったりしない

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました