中学国語・古文「かぎかっこのない会話文の見つけ方」

シェアする

スポンサーリンク

中学国語・古文「かぎかっこのない会話文の見つけ方」についてまとめています。 古文は、かぎかっこの付いていない会話文が多いのも特徴です。その、かぎかっこの付いていない会話文について詳しく記述しています。それでは、中学国語・古文「かぎかっこのない会話文の見つけ方」です。

会話文

会話文 かぎかっこの付いていない会話文は、次のような言葉に着目して捉える。

スポンサーリンク

会話文の後の言葉

「会話文」+と、とて、など → 会話文の後に付いて、引用を示す。直前までが会話文となります。

  • (例)この山の名を何とか申すと問う。 (「この山の名を何と言うのか」と尋ねる。)
  • (例)情けなしと言ふ者もあり。(「情け知らずだ」と言う者もいる。)

会話文の直後には、「と」「など」などの助詞に続けて、「言ふ」「答 ふ」「申す」など、話す動作を表す動詞が付くことが多い。

会話文の前の言葉

「人物」+いはく、いふには、いふやう、申すやう→会話文の前に付いて、引用を示す。直後からが会話文となります。

  • (例)獅子王申しけるは、我、獣の王たり。(獅子王が申したことには、「私は、獣の王だ。」)

文中に会話主(話し手)が省略されていることがある。登場人物を確認し、誰の会話かを考えながら読むこと。

まとめ

  1. 会話文の「すぐ後」にある表現のパターン…「と」「とて」「と言ひ(思ひ)て」「と言ふ」
    <例>かぐや姫、「…なんでふものを嘆き侍るべき。」と言ふ。
  2. 会話部分の「すぐ前」にある表現のパターン…その発言者+の、「用言+に」「用言+、」「用言+て、」「~を、」「いはく」「言ふやう」
    <例>かぐや姫言ふやう、「なんでふ心地…。」…。

あわせて確認

以上が、中学国語・古文「かぎかっこのない会話文の見つけ方」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク