【中2国語】「ここにいる」を言う意味の定期テスト対策予想問題

【中2国語】ここにいるを言う意味の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・日本における低所得者、性的少数者などが「ここにいる」と声尾を上げることが困難であることを読み取る。
・「ここにいる」を言う難しさについて、どんな現状なのかを整理しよう。
スポンサーリンク

ここにいるを言う意味の定期テスト対策予想問題

教科書の「ここにいる」を言う意味の「ここにいるよと声を上げることの難しさについて~この頃考えるようになった。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「もったいないと反論した」とあるが、筆者はどのようなことに対して反論したのか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア むやみやたらに、LGBTのことを発言や報道をすること。
 イ 個人と社会の接点を希薄にさせてしまうよな法制度。
 ウ LGBTの人々に対して支援するに値しないという発言。
 エ LGBTの存在を覆い隠し続けて、生きていく態度。

問2 「インターネットを通じて「ここにいる」と言えず」とあるが、「ここにいる」と言うことは、ここで何を公表することか。本文中から十字で書き抜きなさい。

問3 「複数の声を寄せられた」とあるが、これを詠んだ筆者はどんな気持ちになりましたか。本文中から十一字で書き抜きなさい。

問4 「日本では性的少数者を公表することに関して「勇気を出して」とはとても言えない側面がある。」とあるが、これはなぜか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 公表すると、メディアに取り上げられ、周囲に迷惑をかけてしまうから。
 イ 社会や人々にLGBTを、受け入れる体勢ができていないから。
 ウ 遠慮すること、黙っていることが美徳される文化だから。
 エ 人地ひとりの人間関係が希薄になっており、困っていると言えないから。

問5 この文章で、筆者が主張したいことは何ですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 「ここにいる」と言った人がメディアに増幅して取り上げられることに納得がいかない。
 ィ 声を上げることの大切さのほかに、大切だと思える人を作ることも大切だということ。
 ウ 身近なところで「ここにいる」ということの難しさを実感したので、条例や法制度を変えていきたい。
 エ 困っている人が「ここにいる」と言うことの意味に、一人ひとりが思いを寄せることが大切だ。

ここにいるを言う意味の定期テスト対策予想問題の解答

問1 ウ

問2 性的少数者であること。

問3 展望が見えず位気持ち

問4 イ

問5 エ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました