高校入試対策・国語「よく出る古典単語・古語の意味のまとめ」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・国語の「よく出る古典単語・古語の意味」についてまとめています。入試でも、よく出題される古典単語や古語の意味ですが、普段より口語訳や語注を参考にして、知識を増やしていくことも大切です。それでは、高校入試対策・国語「よく出る古典単語・古語の意味」です。

よく出る古典単語・古語の意味

スポンサーリンク

現代語にない、古文特有の語

  • あいなし…つまらない、おもしろみがない
  • あさまし…意外だ
  • いと…たいへん、とても
  • いとど…いよいよ
  • いとほし…気の毒だ
  • いみじ…非常に、りっぱに
  • げに…本当に、まったく
  • くちをし…残念だ
  • こぞ…去年、昨年
  • つきづきし…ふさわしい
  • つれづれ…退屈だ
  • ねんごろなり…親切である
  • やむごとなし…大切である
  • つと…じっと、急に
  • ひねもす…一日中
  • わりなし…しかたがない
  • めづ…愛する
  • ものす…何かをする
  • よすが…頼りとするもの

現代語と意味の異なる語

  • あからさま…ついちょっと
  • あきらむ…はっきりさせる
  • あやし…不思議だ
  • ありがたし…めずらしい
  • あはれ…しみじみとした趣がある
  • をかし…風情がある
  • かなし…かわいい
  • うつくし…かわいらしい
  • うしろめたし…心配だ、不安だ
  • おこなふ…仏道修行をする
  • おとなし…大人らしい
  • おどろく…目を覚ます
  • おろかなり…いいかげんだ
  • おぼえ…思われること
  • かしこし…おそれ多い
  • かはゆし…はずかしい気がする
  • ことわり…筋道、道理
  • さらなり…言うまでもない
  • はづかし…立派だ
  • ののしる…大声で騒ぐ
  • なかなか…かえって
  • なほ…やはり
  • まもる…じっと見つめる
  • まめなり…まじめだ
  • めでたし…すばらしい
  • やがて…そのまま、すぐに
  • ゆかし…行きたい、見たい、聞きたい。

月の異名

  • 1月:睦月(むつき)
  • 2月:如月(きさらぎ)
  • 3月:弥生(やよい)

  • 4月:卯月(うづき)
  • 5月:皐月(さつき)
  • 6月:水無月(みなつき)

  • 7月:文月(ふづき・ふみづき)
  • 8月:葉月(はづき)
  • 9月:長月(ながつき)

  • 10月:神無月(かみ(かん)なづき)
  • 11月:霜月(しもつき)
  • 12月:師走(しわす)

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク